--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/11/04 (Sat) トヨタ神話崩れる?

ヤフートピックスに次の記事が載ってました。
20061104-00000017-maip-soci-view-000.jpg


堺市の路上で先月、トヨタ自動車(本社・愛知県)の主力小型車「ヴィッツ」の運転席側ドアのパワーウインドー作動スイッチ付近から出火し、運転していた同市の接骨院勤務の女性(61)が右手に全治3週間のやけどを負っていたことが分かった。ドアからの出火は極めて珍しいといい、同社は原因を調査している。
 女性によると、10月17日午前8時15分ごろ、堺市中区の府道を走行中、パワーウインドーのスイッチ付近から突然煙が出て、間もなく約20センチの炎が上がった。女性は車内にあったタオルで消火しようとしたが消えず、近くのガソリンスタンド前で停車し、大声で店員を呼んで水で消してもらった。消火を試みた際、火がタオルに燃え移って右手にやけどを負い、「化繊の上衣を着ていたら、服にも燃え移っていたかもしれない」と話した。女性は消火の後、勤務先が管内にある大阪府警泉大津署に届け出、同署員が車を実況見分した。
 女性は99年に同車を新車で購入した。トヨタ自動車は先月末、堺市の同社系列の修理工場で、女性立ち会いのもと、発火したドアを解体。修理や改造の跡はなく、ドア内部のパワーウインドー・スイッチの基盤付近から出火した可能性が高いことが分かった。同社は基盤を本社に持ち帰り、精密調査を始めた。
 同社広報部は、「ドアからの出火は極めて珍しく、ヴィッツに関しては過去に例がない」としている。同車は99年に生産を開始し、昨年までに国内で約175万台が生産された。今年度上半期(4~9月)の車名別の販売ランキングでは2位。広報部は「現段階では車は通常に使用されていたと認識している。出火原因を早急に究明したい」と話している。

こういったことがあったんですね。
初期型ということで壊れやすかったんでしょうかね?
なんにしろ、初期型ロットにはあまり手を出さないことが無難です・・・。
いつ壊れるか分かりませんからね。


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<トミカリミテッド:ホンダバモス | TOP | CM`s:フォード編の情報>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

極めてめずらしい、ヴイッツでは異例って
そんなとこから20cmも炎が上がる時点で
前代未聞ですからーヾ(。`Д´。)ノ彡

世界のトヨタさん最近多いですよw

2006/11/05 00:15 | さかも [ 編集 ]


 

たぶんこれはパワーウィンドーのモーターから出火してるんでしょうね。
でも、この人って車燃えてるのにガソリンスタンドに助けを求めてるってとこがw

トヨタはこないだもカローラとかのリコールがありましたし、ちょっと企業体質が見なおされる時期かと思います。

2006/11/06 17:18 | JEETA [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomika821.blog54.fc2.com/tb.php/148-b5a1e6f6

| TOP |

プロフィール

JEETA

Author:JEETA
ボチボチやります。

ブログパーツ

カウンター 無料カウンター 無料歯 インプラント府中 ヨガスタジオ
ブログ登録・検索 Blog Entry 点取り占いブログパーツ Blog Entry ランキングへ投票 カーナビ・カーオーディオ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。